かかってこい

「逃げなかった」って記憶が欲しかったんだと思います。
我想記得自己當時「沒有逃避」。

ピンチの時によく監督に「自分を信じろ」って言われるんすけど、
でも、自分の中にちょっとでも「逃げたり」「サボったり」した記憶があると、
「いや…だってオレ、あの時サボったし…」って思っちゃって、
それができないんです。
そういうの失くしたかった……ってことですよね。

緊要關頭時教練常常會對我說「相信自己吧」,
但是,就算只有一點點,只要想起自己曾經「逃避」、「偷懶」過,
就會忍不住心想「不…畢竟那時候我偷懶了啊…」,
而沒有辦法相信自己。
是想要讓這種狀況不會發生,對吧。
                     ― 『3月のライオン』

想要能理直氣壯地告訴別人、告訴自己「我盡力去做了」
在一切終成定局前,何でもかかってこい!


0 Comments

Leave a comment